定期的に歯医者に通って健康な歯を守りましょう|歯のサインSOS



インプラント

歯科の器具

年齢を重ねてもいつまでも若々しくいたいものです。
若いころはそれほど違いはないものですが、年齢を重ねるとその人の持っている体力や健康状態はいっそうはっきりとしてきます。
体が思うように動きにくくなってきたり、病気がちになるなどするなど、まだまだ老後の時期を楽しみたいにもかかわらず、体が思うようにならない方もいます。
体の健康状態を維持するためにも逃せないのが歯の健康状態です。
歯は体の中ではごく一部のとても小さなものでしかありません。
しかし医療福祉の分野では歯がどれだけ健康的で衛生的に保たれているかということを重視するようになっています。
年齢を重ねても多くの歯が残っているのが理想的ですが、抜け落ちてしまうようなことがあってもきちんと歯科で治療を受けるようにしたいものです。

体全体のことには意識はいくものですが、歯のことまでは本人はもちろん周囲も見過ごしがちになります。
しかし歯の状態が悪いと、しっかりと食事が食べられなくなり、そのことが原因で栄養分が偏ったりするので、健康にも影響が出てきます。
また歯でしっかりと噛むことができなければ、大きな食材を飲み込むことになり、内臓に負担を与えたり、誤嚥のリスクまで出てきてしまいます。
きちんと歯科に通って歯の状態をよくしたいものです。
なかには銀歯にすることが嫌で通院をしない方もいます。
自由診療になりますが、インプラントにするなど、今よりも歯の状態をよくする方法はほかにもありますので、口の中のメンテナンスはしっかりとするようにしたいものです。